大変 お疲れ様 で した。 上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!

英語の授業などでも聞き馴染みのあるこの言葉には、相手を労う意味があります。 58
「お疲れ様」とは相手の労苦をねぎらう際に用いる言葉です 社長に対してねぎらいの言葉をかけることはないですし、挨拶として「お疲れ様」を使ったことで不愉快な気持ちにさせてしまう恐れがあるからです
また、帰る時などに「先に失礼します」の代わりに「お疲れ様です」といったように挨拶として用いることもできます 元々はねぎらうことは目上の人が目下の人に行うものとされていました
「ご苦労様」は同僚や部下 相手が先に帰社するときは「お気を付けてお帰りください」• 相手の立場がかなり上のときは「ご活躍、感銘を受けております」 立場の相違が大きい相手と会った際には「ご活躍、感銘を受けております」などと使うと良いでしょう
この場合は先ほどもお伝えしたように「お世話になっております」とメールでも書きます 発想と視点を変えてみたら、どうですか
「お疲れ様」の意味とは? 普段何気なく使っている「お疲れ様」という言葉の意味を意識したことはありますか?果たして「お疲れ様」という言葉は誰に対しても使える万能な言葉なのでしょうか 「お疲れ様です」「ご苦労様です」の正しい意味 相手へのねぎらいの気持ちを伝える点では共通していますが、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」は厳密に説明すると意味が異なります
次にお客様に使用する際ですが、美容院で「お疲れ様でございました」と声をかけられること、もしくは美容師ならかけることがあります ねぎらいの言葉としての「お疲れ様」の類語になります
上司に「お疲れ様です」とメールするのは間違い? 「お疲れ様です 使い方を誤ってしまうと、相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあるので気を付けてくださいね
決して目下の人が使うことのないように気をつけましょう (お客様に対して) お客様が試着したことに対して疲れただろうという意を表した言葉です
「社長」に声をかける場合 社長に対して「お疲れ様」は会社の雰囲気にもよるところとなり、一概に正しい答えは出せませんが、受け取られ方によっては問題になりかねませんので使わない方が無難です ただ、あまりに遅い時間になってくると不自然であるため、その際はその日初めての挨拶でも「お疲れ様です」を使うようにしましょう
90
「いたします」も「致します」ではなく補助動詞なのでひらがな表記が正しいです 」です
ただし、目上の人に対しては多用してはいけません <廊下ですれ違うシーン> 黙礼のみ 「外部の人」に声をかける場合 外部の方に「お疲れ様」を使うのは不適切です
ご退官を心よりお祝い申し上げます 例えば、廊下ですれ違った同僚に「お疲れ様です」と挨拶したり、退社の際に「お疲れ様でした」と同僚に声をかけて帰るなどをされている人も多いかもしれません
「お疲れ様です」は相手の疲れをいたわり、労う言葉です しかし、この言葉は目上の人に対しては使われていません
また、「労う」という言葉は同等かそれ以下の者に向かって使う言葉であり、そのせいか人によっては「お疲れ様ですは目上の方には失礼にあたる」という考えもあるようです 最後に、メール内での「お疲れ様です」の使用方法を解説します
新たな出発が実り多きものとなりますよう心から応援しております 上司が部下へ使う場合のみに有効です
ただ、同僚に「お疲れ様でございます」という非常に丁寧な敬語を使うことはありません お先に失礼いたします
その際には ・「お疲れ様でした」 ・「ありがとうございました」 この表現でも相手に対して失礼になることはありません 「お先です」では、立ち去ることへの丁寧な意味合いが含まれませんので、「失礼します」を省略せず「お先に失礼します」と使うようにしましょう
27