どうぶつ の 森 ブルータス。 [CEDEC 2020]「あつまれ どうぶつの森」は伝統を守りつつも革新に取り組んだ作品。シリーズのコンセプトが語られたセッションをレポート

登場作品(あつまれ) ジャスティン(C. ぺりおに片思いをしている。

生まれ。

誰でも安全に使えるように、バリアフリーには特に気をつけて欲しかったです 生みの親でなくても,育ての親として方向性の判断をつける自信をつけなければならない この講演で話しているような内容は開発方針や心得として,チーム内のWebサイト上で共有されている
うおまさの息子で、2020年11月から『ポケットキャンプ』でうおまさに代わって釣り大会のホストを務めた際に「ダディーから引き継いで釣り大会をやっている」と語っている 姉2人の仲違いについては幼かったためによく覚えていないが、3人で仲良くエイブルシスターズを営みたいと思っている
手紙の配達員 たぬきちが都会で騙されたことがきっかけで彼の性格が一変し、2人は疎遠になってしまう
座右の銘は「ミイラ取りがミイラになる」 座右の銘は「立つ鳥跡を濁さず」
座右の銘は「猫は三年の恩を三日で忘れる」 「〜だニ」が口癖
話しかけるたび徐々に心を開いていき、『とびだせ』ではミシンを使えるようになる まいごちゃんを連れて行くとお礼をもらえる
でも、この部屋にはかなりいいところもありますよ 「〜きゃはっ」が口癖
ここの場合、見た目はまったく変わりませんが、 足音だけが ちょっと違う 雪だるま一家の次男で、最も小さく作ると誕生する
生まれ 生まれ
通信という大きな要素も増えたため,自分は全体をつなぐ役割を担いつつ,それぞれのパートに責任者を立てて仕事を任せていった 大会がない時に同種の魚を複数手渡すと翌日にその模型が届けられる
38