お ちょ やん よしお。 【おちょやん】紫のバラの人は誰?よしお説が本命だが意外な人物の可能性も?!|SUGOMEDIA

女子アナ [6月5日 20:07]• それを裏付ける演出が、ヨシヲはそんな栗子を母親のように優しく慕っていたことや、千代が出て行く時もどこか自責の念と戦っているような表情を見せるシーンの説得力につながっていたのではないだろうか。

62 71

この設定が『ガラスの仮面』と重なっているわけですね。

一平は殴られているのに…。

千代の前によしおが現れると、よしおは俺と一平のどっちを信じるのかと迫ります。

シンガー・ソングライター秦基博が主題歌を担当し、書きおろしの新曲「泣き笑いのエピソード」で盛り上げる。

調子の良いテルヲに色々と騙されていた部分もあるだろうし、栗子もまた孤独で辛い思いをしていたことが今となっては伺える。

72