なぎさ かおる。 なぎさ薫

第 1 使徒でありながら、人間という存在に強く惹かれる…。

ラスボス戦では今まで死亡したキャラが主人公達を激励するイベントがあるが、カヲルもシンジを激励してくれる。

基本的にイベントでの会話では精神的に不安定なシンジをサポートして導いている。 「そんな顔をしないで。 血液型:不明• 歌(音楽)に対して特別な思いがあるらしく、「リリンの生み出した文化の極み」と表現している。 基本的に物腰柔らかく穏やかな性格だが「」や「が」に対しては不快感や憤りを見せる等珍しい所も見せている 逆に言えばあのカヲルがその感情を見せる程の気持ち と言える。 カヲルは「まさか第1使徒の僕が13番目の使徒に堕とされるとは…始まりと終わりは同じという訳か」という言葉を漏らし、自身がフォースインパクトのトリガーであると認識していた事から、これを食い止めるため自死を決意。 量産機 はカヲルのダミープラグで稼働するため、旧劇場版公開時に発売された量産機のフィギュアは雑誌で「カヲル君の魂、入ってます!」などのコピーが付けられ女性ファンの購買欲を煽るものになっていた。 デビュー作に関しては「妄想私小説」であると自らインタビューで言及している。 【エヴァ】の作品背景において、個人の情報はバッチリデータ化されているはずなのにも関わらず 謎だらけ…。 06に刺さっていた槍を手に取ろうとする。
92
後に補完を拒否する際、シンジがカヲル(他人)のことを傷つけたと思い返す描写がある。 だが、この時点で面識の無かったシンジの名を既に知っており、「また3番目とはね。 同作品は第18回フランス書院文庫官能大賞において特別賞に選定された『年上レッスン 義母と家庭教師』が改稿されたものである。 その命をもって世界の崩壊を阻止した。 性格 [ ] 常に微笑みを浮かべ、柔和な印象を与える一方で、年齢を感じさせない超然とした性質も持ち合わせている。 使徒であるカヲルを止めるため、シンジは初号機でカヲルを追いかけます。 他にはパチスロ『』の「カヲル覚醒モード」があるが、これは次回ボーナスまで続くなので、プレミアムであることは変わらない)。 。
42