三寒四温 季語。 三寒四温の意味とは?使い方や例文、俳句季語や英語表現について解説!

三日間厳しい寒さが続いた後は、四日間やや寒さがゆるむという現象が繰り返される。

暖かい格好をしていたら思ったよりも暑くなったという場合や、昨日は暖かかったから少し薄着にしたら今日は寒かったということもあります。

余寒お見舞い申し上げます 三寒四温の季節でまだ寒い日も続きますが、お変わりなくお過ごしとのことで何よりです。

朝鮮半島や中国北東部では、冬季にこのような周期で気候が変動することがあります。

なかなか面白いですね。

花自体はそう大きくない地味な花ですが、何とも言えない芳香に、目よりも先に鼻が見つけます。

俳句などでも、三寒四温は冬の季語として使われていますよね。

77 86